SeeKnack造型日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しまなみ海道サイクリング 1(ちゃんと続くかな)
しまなみ海道サイクリング、去年に続きまた行って来ました。
今回は原型氏さん、漫画家さんの総勢6人。
去年は寝台で行ったのだけど、今年はチケット全滅。
個室使っての酒盛りが出来なかったのが残念。

行きの新幹線で早速トラブル!笑
飛び乗った新幹線の指定車両まで結構な距離。
自転車がでかいので、通路渡っての移動が凄く大変。
品川、新横浜と停車中に、ホームを移動して指定車両へ。
が、新横浜で小学校ちびっ子団体に囲まれてしまった。
もう全然動けない。っていうか、乗り遅れそうになった。
流石に少し怒鳴ってしまったよ。w

結局指定車両までたどり着けず。
あと3両残して、次の停車駅は名古屋。名古屋て!
しょうがなく車両通路を運ぶのだが...
私のロードはスイスイ通れるのだけど、
リカンベントはそうはいきませぬ。
私と同じ、折りたたみリカのグラスホッパーFX。
コンパクトになりますが、幅や重さは良くしっています。
通路通るにはもうすき間がほぼない状態。
座ってるお客さんはくつろいでいるので、
バシバシあたりまくるのは間逃れない...
うーん、どうしましょう。
あ!担げばいいじゃん~
ってなわけで、私が担いで一気に通路を渡って運びました。
いやぁ、火事場の馬鹿力的でどあぁーーと運べました。
座ってる人のびっくりする様と、おびえ方が最高!
運びながら、自分の様を思い浮かべて
笑いをこらえるのが大変だった。
写真無いのが残念。(それど頃じゃないくらい皆てんぱってた)
なんとか無事に座席にたどり着け、
自転車置き場も確保できてやっと落ち着くことが出来ました。
忘れられないハプニングとなりました。

岡山で電車を乗り継ぎ、今治へ。
去年はがらすきだったのに、結構な満席状態。
途中からちらほらと空き始めなんとか座れました。
新幹線ですっかり飲んだ暮れていたのでしばし仮眠。
あっという間に今治到着。

早速自転車を組み立て~
画像 1580
ここから去年と同じコースへ向かいます。
早速十円寿しへ。
画像 1660
やはりこれは安い!
これで250円なのです。
お吸い物ももらって、一人450円。
お吸い物200円は逆サービスで頼みましょう。

ひとまず本日の宿、サンライズ糸山。
旅館、民宿ではなく、自転車ステーションの宿です。
明日の出発場所がここになります。
夜は今治まで出てきて酒盛りなので、
今回は格安なこの宿にしたのです。
1泊3000円位でした。

サンライズ糸山で、しばし皆の自転車乗り比べ。
この時間はとても危険。
欲しいものが増えてしまう時間なのですよぉ。

部屋に自転車をしまって、(ここは自転車を部屋に入れられます)
散歩しながら今治へもどります。
画像 1675
島を渡る橋へと向かう高速道路。
この下を自転車道があって、最終的に橋の高さまで登ります。
どんどん下って近くの駅へ。
意外と距離があるなぁ。(帰りは今治からタクシー決定!)
画像 1649
駅あるの?!と民家を抜けると、ぽこっと現れました。
駅の周りは何もなし!
キップ売り場も...閉まってるやん!
キップは車内でも買えるらしい。
画像 1694
どこだかの駅のような感じ。先生!

今治での酒盛りは焼き鳥に決定済み!
今治の焼き鳥は、串で焼く焼き鳥でなく、
鉄板で焼く焼き鳥なのです。
決めていた店は満席で入れず。
ちょっと検索して、飛び込みで見つけた店へ。
おお、地元民だらけで正解な予感。
いろんな部位をがんがん注文。
一言、うまい!
画像 1638
取りのから揚げは、一気に高温で上げてるので、
骨までぱりぱり食べれちゃいました。
かなり飲んで食べたけど、全然安かった。

帰りはタクシーですいすい。
運ちゃんとすばしサイクラーの話。
やはり自転車で訪れる人達は多いとのこと。
今日も駅で寝そべるような変な自転車を見かけたとか。
それってうちらのグループじゃん!笑

宿でさらに軽く飲んで、早めの就寝で翌日に備えました。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/04/05 00:38】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seeknack.blog71.fc2.com/tb.php/167-cb7f3940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。